So-net無料ブログ作成
検索選択

一緒にiPhoneアプリ作りの稽古をしませんか? (自由大学:アプリクリエイター道場) [Apple]



皆さん、iPhone/iPad使っていますか?

iPhoneの楽しさの一つが自分にあったアプリを探すこと。
ただなかなか自分にしっくりとくるアプリは見つからないもの。

それならば、自分でiPhoneアプリ作ってみませんか?
新しい表現手段としても使えるので、クリエイティブな活動をしている方も
iPhoneアプリを作れることで、また新しい世界も開けます。

そんなiPhoneアプリを作ってみたい方の講義が自由大学で1/15(土)から
開催されます!

なんと「道場」!です。稽古に励みませんか?

アプリクリエイター道場:自由大学



■道場で得られるモノ

(1)共に進んでいく門下生とのつながり

iPhoneアプリ作りの道は険しい。共に進んでいく門下生とのつながりが、大きな活力となるはずだ。

(2)グループメールでのフォローが得られる

毎回の講義で分からなかったことや、予習・復習で分からなかったことは、グループメールで聞いてみるのだ。門下生同士で助け合い、師範からのサポートも受けられる。

(3)すべて英語で分かりづらいアップルWebサイトの攻略法

iPhoneアプリ開発で、最初の大きな壁となってしまうのが、英語で表記されているアップルの公式サイト。一足先に進んでいる他の門下生に助けてもらったり、師範によるサポートで切り抜けろ!

(4)ワークショップ形式なので、動かない!進まない!時の迅速なサポート

入門書を購入して独学する時に問題となるのが「動かない!」時の壁の乗り越え方。ワークショップ形式なので、一足先に進んでいる他の門下生に聞いたり、師範によるサポートを受けることができるぞ!

(5)今後アプリをリリースした際のプロモーション手段

無事アプリをリリースした際に問題となるのが、プロモーション手段。師範が手がけているアプリクリエイターへのインタビュー番組「ハイパーアプリクリエイターズ」へのゲスト出演ができるぞ!


■こんな門下生を求めています
・自分で撮影した写真/自分で書いたテキストを、アプリという表現手法を通して世界に向けて発表したい ・インタラクティブな動く絵本アプリを作りたい
・iPhoneアプリ開発のスキルを学びたい、仕事につなげたい


■実践型(ワークショップ)道場
本道場は、一方的な座学ではなく、実際にiPhoneアプリを作る形で進める。
iPhoneアプリ開発の本1冊を教科書とし、講義内で完結する形ではなく、宿題をこなし、グループメールでフォロー・サポートしあう。まずは初級編で基礎をきっちり学ぼう!
※必要な道具
・iOS SDKが動作するMacBook(Intel CPU, OSX 10.6以降)
・ iPhone(iPod touchもしくはiPadでも代用可)
・『基礎から学ぶiPhoneアプリ開発 iPhoneやiPadで動くアプリ開発の手引書』
 著:林 晃  出版社: シーアンドアール研究所 価格:3,150円
 こちらを教科書として進めていくので買っておくことを推奨する!
※必要なスキル
PHP, Perl, Ruby, C言語, JavaScriptなど、何らかのプログラミングの知識
(英語のヘルプを調べることも必要なので、英語の読解力があると可)




私もこの講義のキュレーターとして、講義のサポートをさせて頂きます。

新年一緒にiPhoneアプリ作りを始めてみませんか?
ちょっと厳しい講義ですが、きっと新しい世界が待っていますよ!

アプリクリエイター道場:自由大学

スポンサードリンク


タグ:自由大学
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。