So-net無料ブログ作成

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 [2007年読書記録]

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
勝間 和代
光文社 (2007/11/16)
売り上げランキング: 4
おすすめ度の平均: 5.0
5 タイトルだけの本ではないし、ただの「しくみ本」を超えている
5 勉強しないで投資するなら「お金は銀行に預けておきなさい」
5 金融に対しての興味がわいてくる、資産運用に関しての入門書



読書完了日:2007/11/25

日本の長時間労働体質。
これに一役買っているのが日本人の「金融リテラシー」の低さ。
「金融リテラシー」とは著者曰く、

金融に関する知識や情報を単に学ぶだけではなく、そこで与えられたものを批判的に見ながら
自己の金融に対する学習を経験として重ねていくことで、
金融の知識や情報を主体的に読み解くことのできる能力。


そのためリスク資産に託すことなく、預金にたより、
本来同じ資産額をリスク資産で運用している人に比べ、長時間働かないと
同じ分だけの収入を稼げなくなってしまっていると・・・。

本当におっしゃる通りという感じです。

具体的な投資の進め方までレクチャーされており、一読の価値大です。

著者が掲げている「儲けるための投資の基本5原則」は以下の通り。
 (1)分散投資、分散投資、分散投資
 (2)年間リターンの目安として、10%ハモのすごく高い、5%で上出来
 (3)タダ飯はない(何らかのコストがかかっている)
 (4)投資には時間とコストが必要
 (5)管理できるのはリスクのみ、リターンは管理できない。

最近結婚式などで友人と集まると、皆金融、そして投資関連の話をしたりしています。
自分も含めてまだまだ初心者ですが、そんな人にうってつけの1冊です。

※著者のサイトはこちら。
http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/

2007年92冊目

【楽天で購入】お金は銀行に預けるな
【Amazonで購入】お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

続きを読む


なぜ、エクゼクティブは書けないペンを捨てないのか? [2007年読書記録]

なぜ、エクゼクティブは書けないペンを捨てないのか?
パコ・ムーロ 野田 恭子
ゴマブックス (2007/11/02)
売り上げランキング: 6012
おすすめ度の平均: 3.5
1 久しぶりに購入して後悔
5 エグゼクティブ
5 前作同様にためになる本です



読書完了日:2007/11/24

Simple life:なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか? 〜症状と病気の違い〜で紹介した本の続編。
仕事とプライベートの両立、そして仕事をする「人間」に着目した1冊。
前著より熱いメッセージが込められています。

こんな一節があります。

人の考えの誤りや見つけるのは簡単だ。 批判するときは、適切な解決案を示して、もとの案をより良くしなければ意味がない。


よりよい解決策が見つからないときは、考え続けよう。 だが、その間も、漕ぐ手を休めてはいけない。


今自分が担当しているプロジェクトでも、進め方などを単純に批判してくる人は多い。
(特に歳いっている人ほど・・・)
一方的な批判ではなく、具体的な代替案を持ってきてくれる人はわずか。
それを嘆いてもしょうがないので、せめて自分は上記を実践したいし、
その気持ちをメンバーに展開していきたいと思う。

他にも、
決定事項を部下に認めてもらう必要はない。 適切に伝えればいいだけだ。


プロジェクト/仕事を進めていく上で参考になる言葉がたくさん。
実践していこう。

※「タダ」君と「デキタ」君の話は必読です。
 「タダ」君は「言い訳が先に来る」、「デキタ」君は「一歩先を考える」。

2007年91冊目

【楽天で購入】なぜ、エグゼクティブは書けないペンを捨てないのか?
【Amazonで購入】なぜ、エクゼクティブは書けないペンを捨てないのか?

続きを読む


30代で差をつける「人生戦略」ノート [2007年読書記録]


30代で差をつける「人生戦略」ノート―最短・最速で結果を出す「頭と時間」の使い方

30代で差をつける「人生戦略」ノート―最短・最速で結果を出す「頭と時間」の使い方

  • 作者: 午堂 登紀雄
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2007/09/05
  • メディア: 単行本


読書完了日:2007/11/07

特に30代に限定した話を書いてある訳ではないですが、
自分の今までの棚卸、今後の自分を見据える上でいい本です。
(各章毎にワークもあります。自分もこの後しっかりやってみようと思います。)

思考の深さやアウトプットを重視した勉強法。
自分ブランドの確立などいろいろな本でも語られていることがコンパクトにまとまった1冊。

意識しなければ行けないのは、思考の格差。
要は、「頭を使って仕事をする人と、頭を使わずに仕事をする人の差が大きくなっている」ということ。

日々の仕事に流されるのではなく、常に深いレベルでの思考を
実践していかなくては。

※書評にまとめる1冊というより、たまに読み返して自分の行動を振り返りたい1冊。

2007年90冊目

【楽天で購入】30代で差をつける「人生戦略」ノート
【Amazonで購入】30代で差をつける「人生戦略」ノート―最短・最速で結果を出す「頭と時間」の使い方
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

近況報告。生きてます。 [life]

とりあえず近況報告。
2週間以上エントリーが空いてしまいました。

11月に入ってから、ほとんど無休で出勤状態。しかも毎日深夜帰宅。
(先週末は土日ともに結婚式でしたが・・・)
読書もそこそこしていて、読書記録をまとめたかったりとするのですが、
なかなか手が付かず。

本日も出勤中ですが、どうにか土日は休めそうなので、
まとめていろいろエントリーしたいと思います。

自転車生活を検討中 [life]

今、自転車を利用した生活に大変興味があります。
時間の有効活用、健康、環境というキーワードを考えたときに、
自転車での移動を真剣に考えたいなと。
(最終的には自転車での通勤とか理想ですね・・・)

たんなるママチャリでは面白くないので、
クロスバイクあたりにいくか、折りたたみ自転車(結構走れるのもありそうだし)あたりを考えています。
週末はこんな本を買ってみて、検討してみたりしてますが、
なかなか難しい。奥が深い世界です。


自転車日和 Vol.6 (タツミムック)

辰巳出版 (2007/10/31)
売り上げランキング: 5361

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。