So-net無料ブログ作成

MacBook Blackを購入しました(その1) [Apple]

MacBook Black

2005年にMacにSwitchして以来、自宅にはデスクトップのVAIOとの2台体制で
やってきましたが(ほとんどVAIOは使わずでした・・・)、
この度VAIOは売却し、MacBook Blackを購入です(購入日は1月26日土曜日)。

PowerBookはコンパクトでお気に入りでしたが、iPhotoを立ち上げたときの遅さ、
safariの動作がかなり緩慢になってきた感も否めず、とりあえず奥さん専用に。
(モバイル用途で使う可能性はあるかな?)

続きを読む


タグ:Apple MacBook

08/01/27 カップ [Photo]

コーヒーカップ

スプーンがナイス。
溝口マルイ内のア・ラ・カンパーニュにて

続きを読む


なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか? [2008年読書記録]


なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?

なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?

  • 作者: ティモシー・フェリス
  • 出版社/メーカー: 青志社
  • 発売日: 2007/09/21
  • メディア: 単行本



読書完了日:2008/01/20

働くのは、週のうちたった4時間。
これだけの時間で十分な生活ができるとしたら、
生活スタイルはいったいどう変わるだろうか?

著者も尋常でない労働時間からこの生活にたどり着いた。
日本との違いはあるとはうえ、自分でも実践できることはないか?

今の日本の大部分の人が働き過ぎている。
その中で働き尽くして成功した人が「オールドリッチ」。

これからはそのスタイルだけでなく、
 ・徹底的なアウトソーシング
 ・自分抜きでまわるビジネスの構築
により、オートメーション化してライフスタイルのバランスをはかる「ニューリッチ」が
日本でも増えてほしいですね(可能であれば自分も)。

2008年10冊目

【楽天で購入】なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?
【Amazonで購入】なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?

続きを読む


タグ:book
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

手帳進化論 〜手帳術の明文化〜 [2008年読書記録]


手帳進化論―あなただけの「最強の一冊」の選び方・作り方 (PHPビジネス新書 42)

手帳進化論―あなただけの「最強の一冊」の選び方・作り方 (PHPビジネス新書 42)

  • 作者: 舘神 龍彦
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 新書



読書完了日:2008/01/17

今までの手帳の系譜がまとめられた1冊。
この本で最もなるほどと思った内容は、

・手帳術は明文化しておく。
・有名な手帳はその有名人にとっての前提が省略されている可能性あり

自分も多くの手帳術の本を読んできたが、
やっぱりそこでなるほどと思っても実践できていない。
その場で納得しても、実践できなければ意味がない。
明文化して自分にすりこんでいく必要がある。
そして、有名人と同じではなく、自分用にカスタマイズをしていこう。

2008年9冊目

【楽天で購入】手帳進化論
【Amazonで購入】手帳進化論―あなただけの「最強の一冊」の選び方・作り方 (PHPビジネス新書 42)
タグ:book 手帳
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

若き商人への手紙 [2008年読書記録]


若き商人への手紙

若き商人への手紙

  • 作者: ベンジャミン フランクリン
  • 出版社/メーカー: 総合法令出版
  • 発売日: 2004/01
  • メディア: 単行本



読書完了日:2008/01/15

現代の自己啓発の元祖とも言える「ベンジャミン フランクリン」の1冊。
フランクリン自伝」が有名ですね。

非常に薄い1冊でさらっと読めるのですが、
内容は非常に節制を重視した堅実な書。
日本人的(と勝手に思っているのは日本人だけかもしれないですが)な内容です。

節制と堅実。
これが成功への秘訣かな?

2008年8冊目

【楽天で購入】若き商人への手紙
【Amazonで購入】若き商人への手紙
タグ:book 自己啓発
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【再読】レバレッジ・シンキング [2008年読書記録]

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
本田 直之
東洋経済新報社 (2007/06/29)
売り上げランキング: 300
おすすめ度の平均: 4.0
2 内容が薄いかもしれません。
4 「レバレッジ」の総論
5 これ流に言うとバリューの高い一冊



読書完了日:2008/01/14

レバレッジ・リーディングに続いて、レバレッジ・シンキングも再読です。
【参考リンク】
【再読】レバレッジ・リーディング - Simple life

去年から長時間労働(あるいは休日出勤)が続いてしまっている自分。
まったくレバレッジを効かせるようなスタイルになっていない。

【労力】
本来が自分がテコになって、メンバーを上手く活かすスタイルにしないといけないが、
完全に自分がプレイヤーになってしまっている。
自分の労力を越えるアウトプットを出せるはずもなく・・・。
仕組み化をもっとめざないといけないですね。

【時間】
今年の年頭のエントリーでも書いたが、今年は様々なことを経験し、
幅を広げる1年にしたいと思ってます。
要は自分への投資を許可する1年だと思ってます。
それを可能にするために空き時間を作るのではなく、
投資の時間を天引きする形で進めないといけない。

2008年7冊目

【楽天で購入】レバレッジ・シンキング
【Amazonで購入】レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術

続きを読む


Stay hungry, Stay foolish [Apple]



Appleのスティーブ・ジョブズのスピーチ。
内容、プレゼンスタイル、どちらも一見の価値あり。

このエントリーのタイトルにもした「Stay hungry, Stay foolish」。
突き刺さる言葉です。

続きを読む


08/01/13 ピザ ビスマルク [お店(食事)]

ピザ ビスマルク

半熟卵が絶妙でした。
溝の口マルイのBella,Bella!にて。

続きを読む


リスク(上) [2008年読書記録]


リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)

リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)

  • 作者: ピーター バーンスタイン
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2001/08
  • メディア: 文庫



読書完了日:2008/01/12

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法の中で紹介されていた1冊。
そういえば、上述の本の読書記録「後でまとめます」のまま・・・。
あまりに内容が濃すぎてまとめきれていません。
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法 - Simple life

人類がギリシャ時代からどのような形でリスクと向き合ってきたか。
予測、それを可能にする統計学の発展、
そして偏屈とも思える知的エリートたちの追求心に圧倒される1冊。

リスクはコントロールできるものという風に表現されることがある。
それを可能にしてきているのが、様々な知識・知恵。
ただそれは人間が長い年月をかけて徐々に習得してきたもの。
スケールの大きさを感じます。

さて、次は下巻を読まないと。

2008年6冊目

【楽天で購入】リスク(上)
【Amazonで購入】リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)
タグ:book
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。