So-net無料ブログ作成
検索選択

モチベーション3.0 ⇒ 個人の自律へ ~週刊 東洋経済 2010年 3/27号~ [2010年読書記録]


週刊 東洋経済 2010年 3/27号 [雑誌]

週刊 東洋経済 2010年 3/27号 [雑誌]



読書完了日:2010/03/30

先週の東洋経済がなかなか面白い特集だったので購入。ビジネス系の雑誌を買うのは久しぶりな気がします。「モチベーション3.0」というなかなか興味深いタイトルです。

ポイントメモ】
・ダニエルピンクが提唱するモチベーション3.0
 1.0=生物的な動機(サバイバル)、滅私奉公、終身雇用、モーレツ
 2.0=与えられた動機(信賞必罰)、リストラ、成果主義、自己責任
 3.0=自発的な動機(ワクワク感)、自律、専門性、理念
・会社とはあくまで婚約関係。いつでも別離がある。
・Google: 意図的にカオスを創り出す。
        ルールや指針、切り分けを出来るだけあいまいに。
        自分の範疇にとどまらないものが生まれる可能性
       上司に部下を管理させない
・自律型企業:ソウ・エクスペリエンス(副業OK、働き方自由)、
         未来工業(ホウレンソウ不要)

【気付き】
先日の自由大学「地域とつながる仕事」最終回で黒崎さんが言われていたものに通じるものがある。理路整然とした管理、ルール体制では新しい「もの、働き方、ライフスタイル」は生まれにくい。カオス的な状況や自律的な動きをすることで、初めて生まれてくるように思う。

自由大学で3つの授業(未来の仕事、自分の本をつくる方法、地域とつながる仕事)を受けてきたが、そこの根底にある思想は、大きな組織の決められたルール/土俵の中で勝負することではなく、自分という個人を律しながら、フレシキブルに周囲と連携し、プロジェクトを作り上げていくということ。

もちろん上っ面でやるのではなく、地に足をつけて、プロジェクトを実行に移していく。

そんな個人(フリーランス)が自分の求めるものであり、そういった人々を応援、支援をするプロジェクトもやっていきたいなあと思うわけです。

2010年27冊目
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

Japan-The Strange Country [日々の考察]

Japan - The Strange Country (Japanese ver.) from Kenichi on Vimeo.



日本の「不思議な事実」を外国人の視点で表現する「Japan-The Strange Country」: DesignWorksで見つけました。

「日本」の不思議さを客観的かつブラックなユーモアを交えて紹介しています。数字の信憑性は分かりませんが、日本人自身がおかしいと思わないといけないことが多すぎますね。

この状況に慣れてしまっている自分が怖くなります。

タグ:動画 日本
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

運とはエネルギーである 〜運の管理学〜 [2010年読書記録]




読書完了日:2010/03/27

【きっかけ】
奥さんが購入した1冊。気になっていた本なので手にとってみる。「運」を「管理」するという視点が気になります。

ポイントメモ】
・運のマネジメントとは「人間の頭脳による管理」ではない、
 「自然法則に則った管理」のこと。
・「運」=情報を持った不可視のエネルギー
・運を良くする四つのステージ
 (1)「炎」湿気った心に火をつける
 (2)「風」風を呼び、風を起こす
 (3)「雲」雨を降らせる雲を呼ぶ
 (4)「雨」恵みの雨で「運」を育てる
 →どのステージも自分の「器」にあったところから始める。
  あわないと、燃え尽きたり、吹き飛ばしたりしてしまう
・人生の流れを変える方法
 (1)つきあう人を変える
 (2)環境を変える
 (3)考え方を変える
 (4)行動を変える
 (5)仕事の取り組み方を変える
風水とは「環境脳科学」

【気づき】
運を「エネルギー」と考える。あらためて考えてみると、その通りな感じがする。「運」が良い人というのは、本当に偶然にそうなるというよりは、それまでの環境や行動によって、エネルギーがたまっていて、それが発揮されている感じはする。(本当の偶然は「運」とは言わないと思う)。

けっして人為的に「運」を統制しようというのではなく、自分の環境/考え方/行動を変えていき、運=エネルギーを貯めていく。いいですね。
まずは自分のところから。自分もまずは環境からですね。

2010年26冊目
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

各地域での新たな価値化の創出 ~スローな未来へ‐「小さな町づくり」が暮らしを変える‐~ [2010年読書記録]




読書完了日:2010/03/25

日本の各地域での「気持ちのよい」サイズでの変革を紹介した1冊。

【きっかけ】
現在受講している自由大学「地域とつながる仕事」のメンバーから紹介されました。

ポイントメモ】
「日本で最も美しい村」連合
・ないものねだりはよそう。これからはあるもの探しだ。
・画一されたどこでも同じ光景の「味気なさ」
・風景は暮らしのただずまい
・地域の活性化=住民に活力と気力が漲っていること
 (収入や観光客が増えるということは本質ではない)
・景観はホスピタリティー
岩手県葛巻町: クリーンエネルギーのショールーム、森と風のがっこう
山形県鶴岡市: アル・ケッチアーノ、在来野菜の研究
愛媛県内子町: 電柱をセットバック方式で隠す
島根県海士町: 移住者支援、小さな島で日本一の教育

【気づき】
たぶんこういう本を紹介しようとすると「地域活性化」がキーワードになってしまう。しかし、この本で語られている内容は表向き上「地域活性化」で活動している内容であっても、根底にある部分は「活性化」というより、新たな価値感の創出にあるように思う。一気に「変革」とまではいかないまでも、先日の「地域とつながる仕事」で神山の大南さんがお話されていた「make a difference」の積み重ねがそこにある。

そして、各地域で取り組まれていることは皆「ミクロ」な視点。その地域にいる具体的な人々のことを考えて、アクションし、それがマクロ的な波及効果ももたらしているように思える。

是非ともこの本で紹介されている各地を旅してみたい。
そこにいる人々の声に耳を傾けてみたい。

そして、そんな内容を今考えている「地域とつながる」メディア(ブログ)で紹介していけたらなと思っています。

2010年25冊目
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

MacBook買うより、iPadを買った方が・・・ [Apple]

久々にApple関連の話。

今一番気になっているのが、MacBook(Proも含む)のリニューアル時期。我が家は、自分がMacBook(黒・2008年1月購入)で、奥さんがPowerBook(2005年7月購入)を使ってます。PowerBookはさすがに5年前のモデルということもあり、そろそろ限界な感じになりつつある。

ということで、そろそろ買い替えを考えたいところなのだが、なかなかMacBookシリーズのモデルチェンジが発表されないこともあり、購入タイミングが難しい。買いたい時が買い時なのかもしれないけど、数年使うことになるので、慎重になってしまう。



そんな中、日本でも4月末発売となるiPad。購入予定は現時点ではないんだけど、このビデオ見ると、欲しくなります。MacBookを買うより、iPadでいいんじゃないか?とか思ってしまいます。

タグ:Apple MacBook iPad

「何か」に気づいてしまった人は読みましょう 〜問題は「タコつぼ」ではなく「タコ」だった!? 「自分経営」入門 〜 [2010年読書記録]


問題は「タコつぼ」ではなく「タコ」だった!? 「自分経営」入門 (ディスカヴァー携書)

問題は「タコつぼ」ではなく「タコ」だった!? 「自分経営」入門 (ディスカヴァー携書)



読書完了日:2010/03/19

このエントリーで紹介した早稲田大学大学院の友成教授の渾身の一冊。

【きっかけ】
自由大学の講義の前にぜひ読んでおこうと思っていたら、モデレーターの友廣さんから頂き、拝読させてもらいました。

ポイントメモ】
このエントリーに凝縮されています。
・「愛」とはベクトル。
・自分は「他者」という存在なくしては成立しないもの
・ミクロは自分自身の感覚
  →この「感覚」は大事にしたいですね。

【気づき】
今の世の中への「違和感」を感じていたり、「閉塞感」を感じている人。「何か」に気づいてしまって、何か動かないと思っている人は是非読んでみてください。背中を押してくれる熱い想いが詰まってます。

決して、キレイに論理立てているわけではないし(友成教授も認めてます(笑))、お墨付きの理論というわけでもない。ただそのお題目的な「理論」なんかがあると余計にわかったと勘違いし、頭でっかちになり、動けなくなる。

そんなことより、目の前のことに少しでもアクションしたいという人は、どういう想いで動けばいいのか見えてきます。おすすめです。

2010年24冊目
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

自由大学「地域とつながる仕事」4回目 ~夢を腑に落とすため~ [日々、学ぶ]

自由大学「地域とつながる仕事」の4回目に参加してきました。
今回の講義で唯一平日の開催。仕事が押してしまい、約30分ほど遅れてIIDへ到着。すでに今回のゲスト:早稲田大学大学院の友成真一教授の話は始まっていました。

遅れてきた私に「もう今日のポイントは話し終わったから!」と軽い冗談を交えながら、話に入り込ませてくれます。

【関連エントリー】
自由大学「地域とつながる仕事」3回目 ~振り返り、そして各自のプロジェクト考え、応援する~
自由大学「地域とつながる仕事」2回目 ~小布施で地域のキーマンたちに会う~
自由大学「地域とつながる仕事」1回目 ~人、居心地のよさ、すこやかな仕事~
久々に自由大学へ、地域とつながる仕事 (イントロダクション講義)に参加してきました。 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:資格・学び

左肩上がりのパラダイム 〜「現場」でつながる!地域と大学〜 [2010年読書記録]


「現場」でつながる!地域と大学

「現場」でつながる!地域と大学



読書完了日:2010/03/17

【きっかけ】
こちらも現在参加させてもらっている自由大学「地域とつながる仕事」キュレーターの川村君にメールで紹介されて読んだ1冊。今週末のゲスト講師である友成氏の著作。地域と大学をただの連携ではなく、つながった事例とそれに向けた考え方、行動をまとめた1冊。

【ポイントメモ】
・左肩上がりのパラダイム
 横軸が時間で左から右に進んでいき、縦軸で上にいくほどいいという
 今までの価値観からの脱却を目指す言葉。
 言葉遊びであるが新しい価値観をめざすという意味で非常にいい言葉。
・「0」と「1」の世界
 ゼロベースで考えて、一転突破を図る

【気づき】
大学と地域との様々なつながりも紹介されていますが、「左肩上がりのパラダイム」という言葉に非常に強く惹かれました。自分たちが囚われている価値観を変えるのに、非常にわかりやすくイメージしやすい。こういう言葉を作れる人は単純にすごいなと感じる。一言での説得力がある。

今週末自由大学「地域とつながる仕事」のゲスト講義が非常に楽しみである。

2010年23冊目

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

自由大学「地域とつながる仕事」3回目 ~振り返り、そして各自のプロジェクト考え、応援する~ [日々、学ぶ]

自由大学「地域とつながる仕事」の3回目に参加してきました。
夕方16:00から始まって終わったのが、なんと22:00過ぎ。6時間越え。自由大学の講義で現時点で最長みたい・・・。

今まで2回のインプット作業を振り返り、各自にとっての「地域とつながる仕事」プロジェクトを考え、それを共有していきます。それに対して、参加者から自分の持っているノウハウやつながりなどの貢献を考えながら、ディスカッションしていきます。

言葉で書くと単純ですが、深いところまで入りながら傾聴し、真剣に考えるので、終わった頃には想像以上にぐったりした状態です。


【関連エントリー】
自由大学「地域とつながる仕事」2回目 ~小布施で地域のキーマンたちに会う~
自由大学「地域とつながる仕事」1回目 ~人、居心地のよさ、すこやかな仕事~
久々に自由大学へ、地域とつながる仕事 (イントロダクション講義)に参加してきました。 

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(2) 
共通テーマ:資格・学び
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。