So-net無料ブログ作成
検索選択

かもめ食堂 [2010年読書記録]


かもめ食堂

かもめ食堂



読書完了日:2010/09/26

図書館でふと「食」に関連するようなコーナーがあって、たまたま手にとった1冊。
映画とかで結構話題になっていたけど、手にとったことはなかった。

フィンランド、いったいどんな感じなんだろう。
出てくる人物のそれぞれの人生模様が面白いですね。

ふと人生を変えてしまうきっかけ。
でも、その変わった人生でも日々の丁寧な営み/生活って大事ですよね。

2010年56冊目

爆発的な成長をマネジメントできるのか? 〜バイラル・ループ〜 [2010年読書記録]


バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある

バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある



読書完了日:2010/09/26

【きっかけ】
Fans:Fansさんから献本いただいた1冊。
ウィルス感染のように爆発的な急成長。その訳に迫った1冊。

ポイントメモ】
・ソーシャルメディアの進化。
 あの人から流れてきた情報というコンテキスト(文脈)が安心感をもたらす。
・ある一人の人間によって検索・収集された情報が、その人間の人間関係
 基づいてあちこちにばらまかれ、多方向に広がっていく
・バイラルループのハブとなるのは、個人。
・バイラル係数=各メンバーが引き入れるあらたなメンバーの数。
 バイラル係数が1なら成長するが成長率は一定。
 1を超えていれば加速度的な成長につながる。
・規模拡大時にその速度にインフラが追いつけなくなる時期がある。
 そこを乗り越えられるかどうか。
・バイラル・ループ企業
  →Webベース、無料
  →コンテンツはつくらない。ユーザーがつくる
  →明快なコンセプト、直感的で使いやすい
  →ユーザーが自発的に製品、サービスを広める
  →ネットワーク効果あり
  →別のバイラル・ループとの相乗効果
   (イーベイとペイパルの関係)
  →臨界点を超えるとほぼ無敵。
・Webベース、コンセプトが単純、無料。
 →収益化という問題を抱える。広告モデルが通用しないユーザー。
 →ソーシャルグラフ(人間関係)の利用。
  ユーザーをパートナーとして考える。

【気づき】
若干ネット企業の歴史を振り返る感が強いが、面白い1冊でした。爆発的な成長をユーザーがコンテンツをつくり、自分たちで拡散していく。この部分が非常に面白い。

ユーザーに委ねてしまうので、正直怖さはあると思う。ついつい自分たちの思うようにコントロール、マネジメントしたくなる。そうすると、ユーザーから反発を食らい、場合によっては破綻にも追い込まれる。管理するのではなく、ユーザーではなく、パートナーとして捉え、一緒に動いていく。

マネジメントの新しい形なのかな?ソーシャルメディアとかでは、
そもそもマネジメントという言葉自体もなじまない気もしている。
新しいコンセプトが必要な時期に思える。

2010年55冊目

帰属願望が力の源泉 ~イサム・ノグチ―宿命の越境者~ [2010年読書記録]


イサム・ノグチ(上)――宿命の越境者 (講談社文庫)

イサム・ノグチ(上)――宿命の越境者 (講談社文庫)




イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者

イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者

  • 作者: ドウス 昌代
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/07/15
  • メディア: 文庫


読書完了日:2010/09/20

誰かのブログで目にした「イサムノグチ」という芸術家の名前。

イサム・ノグチ。

日本人の父親とアメリカ人の母親の間に産まれ、
日本とアメリカ、どちらにも帰属意識が持てず、その帰属への願望を力に
彫刻、庭園などを手がけてきた。
(詳細はイサム・ノグチ-Wikipedia参照)

日本に行けば外人として見られ、アメリカに行けば日系と見られ、
常に「ヨソモノ」としての感覚にとらわれる。
しかも20世紀初頭と今より差別意識の強い時代。
どこにも所属できず、「ノマド」的に
世界各国を転々と移動する生活は、想像を絶する。

しかしその所属の無さが、彼の力の源泉になっていたかと思うと、
なんだか皮肉を感じてしまう。

香川の牟礼という町に彼が日本でのアトリエとした場所があり、
イサム・ノグチ庭園美術館」になっているとのこと。
彼が残したアトリエをいつか見てみたい。

2010年54冊目

島から学ぶ「幸福」、そしてそれを築き上げる人々の動き ~島会議 vol.2に行ってきた~ [日々、学ぶ]

日曜日に実施された「島会議 vol.2」に行ってきました。
6月に第1回が開催されていて、前回は出席できなかったのですが、今回は参加です。

「地域活性化」というと、ともすれば
経済の論理だけで片付けられがちです。

曰く、地域の活性化には
<ヒト・モノ・カネ>が重要である、と。
もちろん、それらが必要であることは否定しません。

ただ、全国で最もヒト・モノ・カネが充実していて、
活性化している地域は東京です。
だからみんな目指そうとするのだけれど、
どこでも東京のような都市になれるかというと
それが難しいことは自明です。
そもそも東京が本当に活性化した地域なのか?
という疑問もあります。

特に、島はそれが顕著です。


そんな「島」での「幸福」とは何か?
島以外の地域でも当てはまることは何か?
その島でどういう「生活」、「仕事」がつくられているのか?
(そして、裏で動く人々はどういう動きをしているのか?)

そんな興味を持って、「島」とは縁がない自分が参加してきました。

続きを読む


久々に微速度撮影 〜初台オペラシティ〜 [Photo]



久々に微速度撮影してみました。
ゆっくり流れていく雲が好き。

インタビューの基本 ~インタビュー術!~ [2010年読書記録]


インタビュー術! (講談社現代新書)

インタビュー術! (講談社現代新書)



読書完了日:2010/09/05

【きっかけ】
人に会いに行き、話を聞かせてもらうインタビュー。マスコミ関係でなくても、必要な技術であると思う。その人の良さを引き出しつつ、インタビュアーの想いも入れていく。そんなインタビュー術に興味があり、読んでみました。

【ポイントメモ】
・引き出すタイプのインタビュー=黒柳徹子タイプ
 斬り込むタイプのインタビュー=田原総一朗タイプ
・インタビュー記事は、インタビュアーや編集者によって、
 切り取られ編集されたもの
・オフレコはそのままは使えない。
 そこででた言葉やインタビュー記事のトーンや雰囲気を決める。
・分かりやすい因果関係を求めてしまうのも危険。 

【気づき】
インタビュー術だけでなく、インタビュー記事や本をどう読むかという感じの内容も多く、ちょっと期待していた内容とは違う1冊でした。ただシンプルにインタビュー術の基本をしっかりおさえている内容なので、安心して読めます。

企画の意図をきっちり掴む(打ち合わせをしっかりと)
 ↓
下調べを徹底的に(質問項目リストの準備)
 ↓
インタビューされる人は不安でいっぱい。
引き出すのか、切り込むのか?
周辺の質問から入り込んでいくのか?
 ↓
オフレコトークの扱い
 ↓
テープ起こし、テーマの絞り込み
 ↓
まとめ

自分が人に話を聴きに行くときに、どれも中途半端だなと。
最近はいろいろな方に話を聞きに行くことも多い。
習得したい技術です。

2010年53冊目

「営み」を大事にした新しい原風景をつくる ~美しき日本の残像~ [2010年読書記録]


美しき日本の残像 (朝日文庫)

美しき日本の残像 (朝日文庫)



読書完了日:2010/09/01

【きっかけ】
確かこのブログ記事を読んで、興味を惹かれ、手にとった1冊です。

ちょうど神山に行く前に手に取っていた。アメリカ人でありながら、日本の原風景に強い興味をもち、四国徳島の奥地、祖谷の古一軒家を手に入れる。
日本の原風景が崩壊し、金太郎飴的な地域がたくさんできていることを憂いている。。

この本の元となる連載は、1991年頃。
その頃と今の状況は変わっていないというか、悪化している感じなんだろう。

ただ原風景に憧れるばかりでもしょうがない。
もちろん原風景も大事ではある。ただ人が生きていく「営み」もある。
その「営み」をまず身近なところから大事にすること。
そうすることが、結果として、日本の良さにつながっていくように思う。
新しい原風景をつくり上げていけばいいと思う。

2010年52冊目
タグ:日本 自然 book

「ジカタビ in 神山」に行ってきた [life]

先週末、徳島は神山に行ってきました。
下記のツアーに参加してきました。
【募集】 8/28~29 ジカタビ in 神山 - ムラアカリをゆく

地域とつながる仕事」やその周辺でいつも話を聞いていた神山。
とにかく難しく考えずに、感じてこようと参加です。

高速バスで早朝に徳島駅に到着後、バスで1時間ゆられながら神山へ。
だんだん変わっていく風景を見ながら、だんだんぼーっとした気持ちになってきました。参加メンバーと合流して、神山の中をドライブして、お世話になる住民の方の家で皆でゆっくりお昼ごはん。

皆で山の中にある滝や川原に行って、子供のように潜ったり、魚をとったり、飛び込んだり。夜は雨で仮のテントを作って大騒ぎしながらバーベキューして、自然の恵みをいただく。

翌日は、生きている鶏をさばいているところを見て、ありがたく頂き、
さらには転引き漁で小魚をとったりと。

こんなことやったのはいつ以来だろう?高校生キャンプして以来の出来事かな。

神山の方々のやさしい雰囲気、神山の自然、参加メンバーのパワーを感じているうちに、普段の生活に疲れている自分に気づいてくる。生命力を失っているんですよね。
いろいろ話していると、その感覚を忘れそうなので、あまり話もせず、ぼーっとその雰囲気を感じていました。(なので今回はほとんど写真も撮らずでした・・・)

滞在時間としてはわずかで、正直なところ、もう少しゆっくりしていたかったのが本音。そうすることで、風景や人、そして自分の気持の見え方も変わってくるんだろうなあ。また行きたい。

アメゴ
長ナスを豪快に焼く
鮎も焼く!
寄井座
神山の山々

写真は、参加者の @yousakana さんのブログにキレイにまとまっていますので、そちらもどうぞ!。
物語を届けるしごと | yousakana blog - 神山という土地の暮らしを感じる旅 「ジカタビ in 神山」


これ、いなかからのお裾分けです。

これ、いなかからのお裾分けです。

  • 作者: 福田 安武
  • 出版社/メーカー: 南の風社
  • 発売日: 2010/07/07
  • メディア: -



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。