So-net無料ブログ作成

心の平和を保つために 〜2日で人生が変わる「箱」の法則〜 [2009年読書記録]




読書完了日:2009/03/22

この本、もっと早く読んでおけば良かったかなと後悔しました。
本自体は以前から知っていたのに・・・。
そのくらい「すばらしい」です。
良好な人間関係を築く上で大切な自分の「平和な心」に気づける1冊。

皆さんは人をどのようにして捉えていますか?
「人」としてみていますか?「物」としてみていますか?

自分も当然人を「人」として見ているつもりでした。
ただ本書を読み進めるにつれて、
「物」として見てしまっている自分に気づきました。
自分は他人から「人」として見てほしいと思っているにもかかわらず。

たとえ行動が同じであっても、心のあり方が「平和」か「敵対的」かによって、
他人を
 「平和 → 人」
 「敵対的 → 物」
としてみてしまうのです(共謀の図式)。

【必要な行動】
出会う人すべてを「人」として見ること。心の平和を保つ。


何か自分の気持ちに背くような行動をしたとき、
人は自分を自己正当化する必要が出てくる。
そのとき本書で言う「箱」の中に自分が入って正当化を図る。
その箱とは、
「優越の箱」
「当然の箱」
「体裁の箱」
「劣等感の箱」の4つ。
自分は優越、当然、体裁の箱に入ってますね。
特に「体裁」が強いかもしれない。

この自己正当化が人を闘争(つまり敵対的)に向わせ、
人を「物」として見なすことにつながる。

まずこの「箱」に入っていることに気づけるフレームワークを
自分の中に取り入れられたことが大きいですね。

【必要な行動】
自己正当化をしているなと感じた時、「箱」のフレームワークで
自分の状態を確認してみる。


最後に澄んだ平和な心を取り戻す(四つの要素)を本書から抜粋です。
詳細は読んでみてください。

1 箱の兆候を探す
2 箱の外の場所を見つける
3 状況をあらためて考える(すなわち、箱の外の観点から)
4 私が見つけたことに基づいて行動する


1〜3までが箱からの脱出、
4が箱の外にとどまる方法となります。

読み返して、定着をはかりたい1冊ですね。

(※今回の記事から本を読んでみて大切だなと思う
  行動、アクションを強調してみました)

2009年27冊目

【楽天で購入】2日で人生が変わる「箱」の法則
【Amazonで購入】2日で人生が変わる「箱」の法則


スポンサードリンク


タグ:book 心理学
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。