So-net無料ブログ作成

農とのかかわり方はいろいろある ~畑のある生活~ [2009年読書記録]


畑のある生活

畑のある生活

  • 作者: 伊藤 志歩
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • 発売日: 2008/07/15
  • メディア: 単行本


読書完了日:2009/05/05

農業への注目の高まりは、感じます。
派遣切りなどの労働者の就農などもあり、
ニュースやTV番組でもよく話題になってますね。

自分の食料は自給し、
その上で自分の哲学・考え方にそう「農業」を実践する。
そんな人々が紹介されています。

もちろん楽しいことばかりでない。
天候などにも左右されてしまう。
それを回避するのではなく、(あきらめるという後ろ向きではなく)
仕方のないことと捉える。

無理やり変えるのではなく、持続していくための
考え方だと思う。

著者も農業を志したが、農家自体は断念し、
農家と消費者をつなぐ「流通ビジネス」を起こした。
かかわり方はいろいろとあるわけですね。
(市民農園を借りたり、自宅に小さな畑を作ったりするのでもいいわけで)

「有機」という表現が現在、有機JAS認定を受けないと
表記できないということをこの本で知りました。
乱立を避けるためには、仕方のないことかもしれないですが、
画一的で残念な対応に思えてなりません。

2009年46冊目

【楽天で購入】畑のある生活
【Amazonで購入】畑のある生活

スポンサードリンク


タグ:book 農業
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

tyo

「かかわりかた」かー。
農家以外の農業への関与。
そういう考え方をすればいいのか。

有機JAS基準に満たない農産物が、「有機」という紛らわしい表記を乱用してしまうと、有機JAS基準で作られた農産物のプレミアムが希釈化されてしまいます。有機JAS農産物を作る人たちの利益を守るためには、仕方のない事だと思います。罰則規定は行き過ぎな気もするし。

by tyo (2009-05-08 13:39) 

Takashi

農業だけでなく、いろんなことへの
「かかわりかた」を考えてしまう今日のこの頃です。

考え方を変える時期に来てますな。
by Takashi (2009-05-10 17:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。