So-net無料ブログ作成

「マルチ」と「横」を意識した生き方 〜本田式サバイバル・キャリア術〜 [2009年読書記録]


本田式サバイバル・キャリア術

本田式サバイバル・キャリア術

  • 作者: 本田 直之
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


読書完了日:2009/10/14

久々に本田直之氏の著作を読了。
これからの時代のキャリア上のサバイバル術を説いた本。
考えとしては、会社に依存した「コーポレート・キャリア」から
個人主体の「パーソナル・キャリア」の充実を重視しています。

今自分が職場で感じている「コーポレート・キャリア」での限界。
そこから抜け出すヒントがちりばめられている。

考え方の基本は「マルチ」。
キャリアにしても、思考にしても、住むところにしても。
未来の仕事の「二足のわらじ」もこのマルチな考え方ですね。

そして「横」のつながり。
プロジェクトベースで動き、自分のスキルを提供する横のつながり。
(会社内での「縦」での命令ではない)
自分がポータブルできるものを持ち、水平方向に展開する。

そのために何を学び、何をアウトプットし、どう生活するか?という
視点で気になった項目をピックアップ。

・ライフプランは「右肩下がり」を前提に。生活レベルを無駄にあげない。
・まずは土台をリセットする。
・二地域居住。外国で生活する期間を持つ。
・1時間かかった仕事を5分で終わらせる方法を考え、実践する。
 (いっそやらなくていい方法を考えてもいいのかもしれない)
・理想の会社などないが、お金を払ってでも働きたい会社で働く。
・転職エージェントに5社以上登録する。
・社内研修よりパーソナルキャリアに寄与する研修を受ける。
・「本業」か「副業」かの発想をやめる。
・「起業」を目的にしない。コーポレート・キャリアもうまく利用する。
・ポジションを求めず、ポータブルスキルを磨く。
・「〜が悪い」「〜だからできない」「忙しい」を言わない。
・アウェーに行く。
・意思決定のスピードを早める。100%正しい決定などない。

会社に依存せず、個(パーソナル)を確立し、人々と協調できる
キャリア、人生をおくりたい。
(個人的にはサバイバルという言葉は自分だけがという感じがするので
 あまり使いたくはない。個を作り上げるという意味ではいいですが)

2009年111冊目

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。