So-net無料ブログ作成

住居が家族にもたらすもの 〜「新しい郊外」の家〜 [2009年読書記録]


「新しい郊外」の家 (RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

「新しい郊外」の家 (RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

  • 作者: 馬場正尊
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2009/01/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


読書完了日:2009/11/08

東京R不動産のディレクターの方が著者。

都心の住居とは別に、郊外にも家を建て、2拠点居住の生活をする。
この本こちらの本でも紹介されていた話だが、
実際に苦労の末、房総(一宮)にリアルに郊外の家を建ててしまった著者。

そこに至る経緯をかなりプライベートな面も含めて書かれています。
ただそのプライベートな出来事がこの房総の家を生んでいるのです。

家族関係は、常に各々が特殊だ。
それを包む住居のプランも決して一般解はない。


それにも関わらず、今提供される住宅はあまりテンプレート化しすぎている。
住居プランが自分の生活に合わなくなってくると感じる違和感。

これは現在の自分の賃貸マンションでも感じていること。
それを考えると別の賃貸マンションに引っ越したり、既製品の家を
購入することにはものすごい怖さがある。

自分たちなりのプランで住居を作るなり、
2拠点生活をし、常に生活の中に「変化」を与えていくのか。
自分らにはそれが合っているような気がする。
もちろんコストの問題はあり、現実解を見つけながらの
動きにはなると思うのだけど。
(その際にはこの本に書かれていることは参考になりますね)

ちなみに、著者の房総の住まいは、房総一宮。
自由大学界隈でもよく話の上がっています。
一度訪れてどんなところなのか見てみたい。

この本の著者と編集者の対談も参考になります。
「新しい郊外」の家-出版記念対談(1) - 房総R不動産

2009年123冊目

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。