So-net無料ブログ作成

区切りをおき、変化を起こす 〜仕事は5年でやめなさい。〜 [2009年読書記録]


仕事は5年でやめなさい。

仕事は5年でやめなさい。

  • 作者: 松田 公太
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2008/05/23
  • メディア: 単行本


読書完了日:2009/12/31

年内最後の読書記録。
タリーズコーヒージャパンを立ち上げた松田公太氏の著作。

仕事は5年でやめなさい。


タイトルからして刺激的ですが、なにも5年で会社を辞めろと言っているわけではない。
5年も仕事をすれば、ある程度のことはできるようになる。自分のそれまでの5年間のやり方を変え、考え方を変え、バージョンアップしながら5年単位で成長し、本当の実力をつけていく。

5年を一区切りにして、自分のあり方を見直すわけですね。

これには同感です。自分の今までのキャリアを考えてみても、やはり5年くらいで仕事の仕方、考え方に自然と変化が出てきている。これを意識的に行うようにするわけですね。

5年をマイルストーンと考えると、人生で達成できることが限られていることに気づく(特に著者は50歳越えぐらいでの死を覚悟しているので余計に)。自分の人生まだまだたくさん有るように思いがちだが、決してそんなことはない。

その人生の残り少なさを危機感にして、現場重視の行動につなげる。些細な事だからと適当にせず、きっちりとやっていく。そんな現場重視の姿勢も共感できます。

著者の写真が表紙にバッチリ出ていて、なんか悪趣味な感じだなと思ってしまった1冊ですが、内容は熱い1冊でした。読んでいて爽快感があります。2009年最後の1冊として良い本を読みました。

2009年140冊目

スポンサードリンク


タグ:仕事 book 起業
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。