So-net無料ブログ作成

島から学ぶ「幸福」、そしてそれを築き上げる人々の動き ~島会議 vol.2に行ってきた~ [日々、学ぶ]

日曜日に実施された「島会議 vol.2」に行ってきました。
6月に第1回が開催されていて、前回は出席できなかったのですが、今回は参加です。

「地域活性化」というと、ともすれば
経済の論理だけで片付けられがちです。

曰く、地域の活性化には
<ヒト・モノ・カネ>が重要である、と。
もちろん、それらが必要であることは否定しません。

ただ、全国で最もヒト・モノ・カネが充実していて、
活性化している地域は東京です。
だからみんな目指そうとするのだけれど、
どこでも東京のような都市になれるかというと
それが難しいことは自明です。
そもそも東京が本当に活性化した地域なのか?
という疑問もあります。

特に、島はそれが顕著です。


そんな「島」での「幸福」とは何か?
島以外の地域でも当てはまることは何か?
その島でどういう「生活」、「仕事」がつくられているのか?
(そして、裏で動く人々はどういう動きをしているのか?)

そんな興味を持って、「島」とは縁がない自分が参加してきました。

【プレゼンターの方のポイントメモ】

新島村商工会青年部 木村諭史さん
  http://niijimawedding.blog123.fc2.com/ (新島ウェディング)

 新島でのウェディングをコーディネートされている木村さん。
 新島でいかに仕事を形にしていくか、そのプロセスを中心に説明いただきました。

<新島の特徴>
・保育園から高校まではずっと同じクラス。
・葬儀屋はない。町会の若い衆が担当する。
  ⇒同一的なコミュニティ
・アリとキリギリスの価値観からすると、キリギリス的価値観
  (若者の街、何となくやりたい放題、補助金依存)

<実現に向けて>
・普段遊んでいる場所だからこそ、恩返しをしたい
 砂浜のバージンロード、流木アートの作成。
 料理も島内の飲食店に1店1品で依頼する
  ⇒地域に対する想い、感謝の気持ち

・発起人の存在。一度商工会で否決されても再度説得し、実現へ。
  ⇒強い思いを持つ人の存在

・公的なサポートの活用(商工会の提案型地域活性化事業を利用) 
  ⇒運営、バックを支える人の存在

・たまたま島内にいたWedding Planner経験者をスタッフに。
  ⇒単純にその人の現在の「職」、「雇用」だけを見ると埋もれてしまうスキル
   コミュニティのつながりの中から違うアプローチで発掘する


<実施をすると>
・「楽しい」だけでは片付かない課題が出てくる
  ⇒コスト意識、準備で「式」に出られないスタッフ

実施を重ねるとモチベーションの違いが明確になってくる
  ⇒楽しいから、祝いたいから、ビジネス視点、雇用をつくる etc.

・人の思いが原点にある。
 各自の活躍分野は違うとしても、心は「ひとつ」。
  ⇒「心」をベースに、人を活かす運営を。
   (頭を使うのが得意な人、身体を使うのが得意な人)

<まとめ>
・自分だけが楽しむのではなく、外にも発信する。
・ビジネスだけでは語らないが、資金管理も重要
・期間限定の制度に依存しない。
 当初は利用しても、自立していくスキームをつくっていく。
・実施のハードルを下げる。
 個人負担の体制ではいけない。地域に着地させる。


カフェ+宿 saro 高野要一郎さん
 http://saro-niijima.jp/ (カフェ+宿 saro HP)
 
 元々は建設業界。ソフトな場作りをしたいと考え、地元茨城でカフェなどを運営。
 東京R不動産とのつながりで新島でカフェ+宿をやることに。

<実現に向けて>
・島のコミュニティを全く知らなかった
  ・食糧の仕入れの方法も知らなかった
  ・物件を借りるにしても、「この島に親戚がいるの?」と言われてしまう。
   不動産屋も無く、物件の情報もない

  ⇒人との出会いで解決していく(体当たりでいくしかない)

<実現後>
・saroのスタッフ。ライターなどダブルワークの人が多い。
  ⇒島の人々の交流の中で、新たなプロジェクトの誕生

島の人が、島の「良さ」に気づく場所なっている。
  ⇒旅行者と交流する中で、自然に気づく場になっている

・経済効果。お客様にあわせて、島内のお店を紹介したりしている。
 実際に売上が伸びているお店もある。
  ⇒saroがメインではなく、島メインで考える。


studio-L  山崎亮さん
  http://www.studio-l.org (studio-L HP)

建築のデザインという考え方、アプローチ方法をベースに
島・地域での「幸せ」づくりについて、説明いただいた。
ボリュームがありすぎて、まとめが不十分なのはご容赦ください。

<考え方>
・community based
designとmanagementのバランス
・人口減だけど、「幸せ」に暮らしていく地域をモデルに。

<いえしまプロジェクト>
・当初は、「まちづくり」に対する関心の低さ
  ⇒当初はどうやったら「儲かる」かというプランばかり
  ⇒違う「豊かさ」を提案しても、反対されるばかり。
   (しかし一部の賛同者あり)

・行政財源に頼らない街遊び事業
  ⇒探られる島(ガイドブックを参加者でつくっていく)
   島の人には見せたくないものでも、価値あるものの発見
  ⇒徐々に島の中に「あがりこんでいく」形
  ⇒「総合計画」につなげる
  ⇒アクションプランのまとめ方
    「ひとりでできること」、「数人でできること」
    「大人数でできること」

   (プライベート、コモン、パブリックの考え方)

<海士町>
・iターン者と継続居住者の間にあるギャップ
  ⇒住民の顔がわかる形でアクションに落とし込む

<笠岡諸島>
・島のこどもたち(小学校高学年と中学生)と総合計画をつくる
  ⇒島には高校・大学がない(約10年間島に不在)
  ⇒総合計画を大人に提案する
  ⇒子供が帰省の都度、実行できているかをチェックする
  ⇒ダメなら、子どもは帰ってこない(ある意味、大人を脅す感じ)
  ⇒実際に大人も動き出す

・島の女性グループ
  ⇒利益の相反する人が、それぞれの夫。反対の力を
    「個(家庭)」の力でおさえて、実行に結び付けてしまう。

<まとめ>
・今までは、行政からの落ちてくる公共的な事業という仕組み
 ⇒今後は住民が実施する公共的な事業が増える
   (この事業に対するマネジメントが必要)

・公共的な事業への住民参加を通じて、「担い手」を育成する。
 ⇒新しい「チーム」が生まれてくる。

【気づき】
「島」という地理的な障害。
これは物理的なものであり、基本的には覆すことができない。

その制約が、同一的なコミュニティを生んだり、島への熱い想いを生む。(メリット)
一方で、自分たちの島の「よさ」に気づけず、閉鎖的になることも。(デメリット)

その「島」に対して、「よさ」を引き出すプロジェクトを仕掛けていくプレゼンターたち。
説明の背景に見えてくるのが、人々のどろっとした部分。
会社と家庭のような切り分はなく、自分の生活にもろに影響してくるので、
切実でリアルな反応が現場にはあるはず。

相反するモチベーション、利害関係。

「祝いたいのわかるけど、ビジネス的に儲けたいんだよ。」
「島の豊かさって言われても、お金がないと厳しいよ。」
「家を貸してって言われても、家族が帰ってきたときに必要だから。」

個人を犠牲にしての「豊かさ」はないと思う。
その部分にどう向き合い、話し合い、説得し、あるいはひく場合もあるのではないか。

その向き合い方に、正解や公式はあるのか?

たぶんそれはない(と思っている)。

モデルとなるものを探し、自分の理想を持ち、得意分野を生かしながらも、
今の目の前の現実のと折り合いをつけていく。
ロジックを組み立てるだけでなく、折り合う部分を一緒に「デザイン」していく感じで
プロジェクトを進めている。

そんな背景を垣間見た2時間半。その部分を今度は深堀りしてみたいですね。


スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。